メニュー

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは

体の片側の一部にピリピリとした痛みや赤い発疹が出てきて、その痛みは夜も眠れないくらい激しい痛みになる場合もあります。
症状の多くは上半身に現れ、顔や目、頭などに出ることもあります。

また、皮膚の症状が治ったあとも、神経が損傷されることにより3か月以上痛みが続く帯状疱疹後神経痛という合併症を引き起こす場合もあります。

原因は、主に加齢による免疫力低下や糖尿病、がんなどによる免疫力低下、また疲労やストレスも発症のきっかけとなります。

特に50歳代から発症率が高くなり、

 

80歳までに約3人に1人が発症するといわれ

 

ています。

 

発症のメカニズム

 日本人成人の90%以上は帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜伏しています。
多くの人が子供のときに感染する水疱瘡のウイルスが原因で起こります。
水疱瘡が治ったあともウイルスは体内に潜伏していて、過労やストレスなどで免疫力が低下するとウイルスが再び活性化して帯状疱疹を発症します。

 

 

予防するには?

 日頃から体調管理を心掛け、免疫力が低下しないようにすることが大切です。
また、50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。

当院では、シングリックスという不活化ワクチンでの予防接種が可能です。

このワクチンは2回接種することで帯状疱疹に対して十分な予防効果が得られます。
1回目の接種から2回目の接種は2か月あけ、2回目は遅くとも6か月後までに接種します。

 

料金は1回22,000円(税込)、2回で44,000円(税込)です。

 

接種を検討される方や不明点、ご質問は当

 

院スタッフまでお声がけください。

 

 

引用:グラクソ・スミスクライン株式会社            

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME