メニュー

施設案内

院内設備

天井走行式X線装置(レントゲン)

管球(X線が出る装置)が自在に動き、無理な姿勢をとらずに様々な角度から撮影する事ができるため、より正確な診断が可能です。

フラットパネル

最新のフラットパネルでは数秒で画像が表示され確認できます。従来の装置と比べ、より少ないX線量で、より高精細の検査が可能です。

骨密度測定装置(DEXA法)

整形外科学会、骨粗鬆症学会や骨粗鬆症財団が推奨している腰椎と大腿骨の骨密度測定ができる装置です。より正確な骨密度診断ができます。

超音波診断装置(エコー)

人体に影響のない弱い超音波により、他の検査では見えなかった、筋・腱・靭帯などの軟部組織をリアルタイムでに見ることが出来る検査装置です。

妊娠中の赤ちゃんにも使用される安全で人にやさしい検査です。ブロック注射などの治療にも使われます。

リハビリ機器

  • 乾式ホットパック
  • 低周波・干渉波治療器
  • ハイボルテージ電気刺激治療器(ハイボルト)
  • 超音波骨折治療器
  • リカンベントバイク
  • 体幹トレーニング装置
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME